丁寧な接客で有名な吉源工務店で家を建てよう

狭小地に快適な家を建てる

家の模型

狭さや変形地は個性

京阪沿線で戸建てを建てる場合、狭小地や変形地は条件が悪い土地と捉えがちですが、そうとも限りません。京阪沿線では狭くても変形でも密集地でも、それらの条件に配慮して工夫を重ねて設計した戸建ての方が、うんと日当たりが良く、広々と開放的に感じられるというケースが少なくないのです。人の顔や背格好がみんな異なり、その人の個性を生かす洋服や髪型も十人十色であるように、狭小や変形な京阪沿線の土地も1つの個性と 捉えれば、個性を最大限に生かす戸建てを建てる方法が必ず見つかるはずです。キッチン、バスルーム、トイレは家作りの際、コストのかかる部分ですが、小さい戸建てだからといってこれらのスペースを小さくするにも限界があるため、坪単価は上がってしまいます。3階建てにしたり、地下室を設けるのも割り方になる要因です。また京阪沿線では、資材置き場や職人さん達の車の駐車スペースを借りるなどの経費が 余分にかかる場合もあります。そこで、少しでもコスタダウンさせるため、単純化を考えて材料費や工費を節減する必要があります。例えば、基礎は工事の手間がかからず、防湿性、耐震性に優れているベタ基礎にし、外形は凸凹を少なくします。部屋はこまごまと壁でしきらないで、天井板は張らずに梁を出し、仕上げ材はなるべく家中で統一します。こうして挙げると何だか味気ない家のように感じられるかもしれませんが、かえってシンプルかつダイナミックで魅力的な家になるというメリットがあります。